ご挨拶

大江戸温泉リート投資法人
執行役員今西文則

投資主の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

大江戸温泉リート投資法人は、投資主の皆様をはじめ、数多くのステークホルダーの皆様からご支援を賜り、温泉・温浴関連施設を主たる投資対象とするユニークな特化型J-REITとして、平成28年8月31日に東京証券取引所不動産投資信託市場に上場いたしました。

温泉は古くから多くの人々に親しまれており、日本人の余暇の過ごし方、ライフスタイルに組み込まれた「文化」であるということができます。昨今の高齢化社会を背景として温泉への需要はシニア層を中心に高まってきていると私共は考えており、さらにインバウンドによる国外からの観光客の流入や、成熟消費社会における時間消費型産業へのニーズの高まりもあり、多様な顧客層に支えられ、将来にわたって有望な分野であると考えます。

一方、温泉を中心とした時間消費型産業には、消費者ニーズを捉え、顧客満足度の継続的な向上を図るための新たなオペレーションの導入や施設の更新に必要な投資等において、資本市場からの良質な資金の活用が望まれます。
そこで、本投資法人は、温泉を中心とする地域産業の活性化及び温泉文化の大衆化-すなわち温泉を日常の延長とすること-に貢献していきたいと考えており、温泉を中心とした時間消費型産業と資本市場をつなぐ担い手となって、温泉文化の継承と発展に資する投資主体となることを目指します。

本投資法人は、主として大江戸温泉物語グループが運営する、大江戸モデルが導入された温泉・温浴関連施設へ重点投資を行い、地域の活性化及び温泉文化の大衆化に貢献することで、その果実としての安定的なキャッシュフローを創出し、投資主価値の継続的かつ安定的な向上を目指します。

今後とも末永くご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ